メニューを閉じる

HOME > excomブログ > シンガポール企業として参加したCafeAsia2015

excomブログ

シンガポール企業として参加したCafeAsia2015

2015年05月14日

シンガポールはイギリス文化が色濃く残る国。

植民地であったために、紅茶の文化が根強く、

特に「ハイティー」と呼ばれる午後の時間を紅茶とお菓子や軽食で優雅に過ごす習慣は有名です。

紅茶を楽しむ習慣だけでなく、昨今顕著なのがカフェの出店ラッシュ。

日本と同じく、シアトル系やイタリア系を中心に、

マレー系や和風のカフェなど、アジアならではのオリジナリティあふれるカフェも多く街中に目立ちます。

若者層だけでなく、年配の方たちも、カフェでおしゃべりを楽しんだり、

勉強したり仕事をしたりしている様子も。

これら、カフェに関する商材・資材、特にマシーンや豆類などの集まる展示会が、

マリーナベイサンズにて行なわれました。

IMG_6313.JPG


IMG_6319.JPG

会場ではSingapore National Latte Art Championship 2015も同時開催され、

アジアのバリスタたちが集まり、それはそれは賑やかな展示会となりました。

IMG_6380.JPG

【ブースの前で。弊社はシンガポール企業として出展しました。】


カフェにて提供される飲み物として、日本茶や飲む酢、ローズジャム、

おつまみとしてのあられ、カフェ用のスプーンやコーヒーメジャーなど、

日本製のアイテムを揃え、非常に目立つブースとなりました。

IMG_6383.JPG

【日本茶は大人気!カフェで抹茶や玄米茶を扱いたいという話が多く聞かれました。】


IMG_6399.JPG

【健康を意識した女性用のドリンクメニューに、ゆずの飲む酢は一番人気。】

ダイエット、健康、美容。これらのキーワードに非常に敏感なシンガポーリアン。

メニュー開発も女性目線です。

IMG_6432.JPG

【カフェの飲みものには、スナックが必須。あられはその候補に検討いただきます。】

どうしてこんなにクリスピーなのか?お米100%?

質問は多岐にわたりますが、試食すればその美味しさに全員が納得してくれます。

IMG_6470.JPG

【燕三条のコーヒー用メジャースプーンなども、注目度が高かった商品。】

アルミ製のスプーンは、その華やかな色使いに注目が集まりました。

熱伝導でバターが切りやすくなるナイフや、金メッキのコーヒーメジャースプーンは、

出展企業さんからも質問を受けるほどでした。

IMG_6358.JPG

【完全無農薬のバラを応用した商品。カフェ、レストラン、パン屋さんからのお見積依頼が。】

IMG_6430.JPG

 

カフェの経営者、製菓製パン業者、飲み物関連の販社など様々な層に加え、

シンガポールからだけでなく周辺国からの来場が多く、国際色豊かな展示会となりました。

カフェに絞った展示会だけに、来場者の層が絞られており、

お見積依頼の数も、他の展示会に比べて格段に多くいただいております。

また、この展示会をご縁に、三重県に現地視察にいらっしゃるシンガポールバイヤーさんもおり、

予想を超える成果を得ることができました。

榊原美和

Copyright© 2013 株式会社エクストラコミュニケーションズ