メニューを閉じる

POWER CONTENTS SEO

継続集客のためのパワーコンテンツSEO

スマホサイトのSEO

皆様のWebサイトは、スマホへの対応はお済みでしょうか?

スマホの急速な普及は、もちろんみなさんご存知だと思いますが、当然ながら、それはWebサイトへアクセスする端末が、急速に変化しているということでもあります。

我々が運営する、建築金物の通販サイト「おうちまわり.com」も例外ではなく、全アクセスの約30%以上はスマホ経由です。このサイトは、建設現場からアクセスするシーンも多いので、もしかしたら平均よりは多いのかもしれません(平均はわかりませんが)。しかし、対象とするユーザー層によっては、もっと多いサイトも、もちろんあるでしょう。ていうか、あります。

これだけの数のユーザーがスマホ経由でサイトを訪れている中で、サイトがスマホ対応されていないと、どれだけ機会損失になるか、想像できると思います。あまり機会損失にならないと思う人は、元々PCサイトもほとんど収益に貢献していなかったはずです。

少し古い文章ですが、こんな記事もありましたので、参考までに。

このブログのテーマはSEOなので、その件も少し触れますと、Googleはスマホへの対応がよろしくないサイトは順位を引き下げると発表しています

スマホサイトがちゃんと準備できてなければ、順位下げちゃうよと。それくらい俺たちはスマホシフトしてるんだぜ。モバイルファーストだぜ。そんな意味合いの発表なのかもしれません。

上記サイトに書いていますが、明確な解はレスポンシブです。これは、下手にやると、かなりユーザビリティを損ねる結果になりますが、そこは設計段階で防止しましょう。

これ、未対応の方は急がれますように。

みなさん、「タイトルタグ」はご存じでしょうか。

タイトルタグとは、その名のとおりページの表題にあたるもので、何を訴えたいのかを簡潔にまとめたものです。


どこの箇所かというと、

ここですね。

serp.jpg
※ブラウザの赤枠の箇所に記載されます。

上記の例であれば、このページは、「WEBを優秀な営業マンに育てるための実践型SEO【犬塚 豊】」とタイトルタグに入れいているため、上記のように表示されます。


SEOの内部対策、つまりウェブサイトのページの改善において、最も重要な対策として、この「タイトルタグの最適化」があります。





HTMLタグでいうと、<title>~<title> の箇所になります。


このタイトルタグは、内部SEOにおいても最重要といっても過言ではないほど、効果的かつ力を入れるべきポイントになります。



極論をいえば、このタイトルタグに入れたキーワードが検索に引っかかってくるといってもいいほどです。



たとえば、「無題」と検索すると、大量のサイトが検索にかかりますが、(※その数なんと83,000,000件) 、それは何も「無題」という内容を書いたページが多く存在するから・・・ではなく、



単に無料ブログや、サイト作成ツールで作成した際に、タイトルタグの記述を入れ忘れると、自動的に「無題」となるために、これほど大量にサイトが存在するわけです。



もし、これまでタイトルタグについてあまり意識されていらっしゃらなかったのであれば、現状の状態を確認し、ページのテーマとなる文章・キーワードが盛り込まれているかぜひ一度ご確認ください。


コツは、どういったキーワードで上位表示したいのかという点を意識され、作成していただくと良いかと思います。

※ただし、注意点とし、ページのテーマと外れるキーワードを盛り込むのは止めましょう!




次回は、より具体的なタイトルタグ作成のポイントを解説します。



スターを作れ

「Free」や「Makers」など、世界のマーケットに影響を与える書籍を著した、クリス・アンダーソンが「the Long Tail」を米Wired誌に書いたのが2004年。その後、10年近く経って、今や「ロングテール理論」は、ごく当たり前に使われるマーケティング用語になっています。

2007年に上梓した、拙書「キラーウェブ」でも、後藤さんのケンコーコムや、黒ちゃんのネットオフなどの事例をもとに、そのことに触れているのですが、最近、特に実感するのは、「ロングテールはショートヘッドありき」ということです。

80:20の法則からすれば、これはごく当たり前のことではあるのですが、ショートヘッドがないのに、ロングテールを狙っても、ほとんど利益には貢献しません

ECにおいて、ロングテールを狙うにはSEOが欠かせません。膨大な商品の露出をリスティングに頼るのは無謀です。しかし、そのSEOにおいても、当然コスト(お金だけでなく時間も)がかかるわけで、それをカバーするのは、ショートヘッドなのです。

弊社のおうちまわり.comは、商品点数は約8,000点(2013年3月20日現在)。ロングテールのボリュームは、上記のケンコーコムやネットオフには遠く及びませんが、中国大連のパートナー会社の協力のもと、数か月で一気にここまで増やしました(今は点数よりもコンテンツを深掘りするフェーズです)。

ここだけの話(と言いながらブログで公開するのですが)、自社SEOシステムを使って、ロングテールはバッチリ効いているのですが、収益に貢献しているのは、「トイレットペーパーホルダー」や「手すり」など、一部の人気カテゴリーの売り上げです。ここでも、80:20が生きています。

ショートヘッド、つまり「スター選手」を育てないと、ロングテールだけでは収益化は難しい。ネットオフのように、100万点にもなってくると、ロングテールのボリュームが相当大きくなりますので、話は違ってきますが、8,000点や1万点程度のボリュームでは、スター選手を作らないといけないのです。

もちろん、スター選手にもSEOは不可欠。というか、より重要です。弊社の場合、例えば「トイレットペーパーホルダー」は、キーワードの需要を徹底的に調べて、最も需要が大きく、且つ「勝てる」分野を、数十種類のカテゴリーの中から選び、まずこのワードで戦うことにしました。強い競合が多いので、今も1位と2位を行ったり来たりしますが、商品点数や取扱メーカーの豊富さ、即納商品の多さで差をつけています。

その結果、我々のサイトの「スター」のひとつになっていますが、こんな感じでスター選手を作り上げます。

そこではじめて、ロングテールが効果を発揮するのです。

ということで、ECに必要なのは「スター誕生戦略」だというお話でした。

SEO対策を大きく2つに分けると

「外部対策」と「内部対策」に分けることができます。


「外部対策」は、外部のサイトからリンクを獲得(被リンク)し、リンク評価を得ることで、
「内部対策」は、自社サイトのページ構造・ページ構築を最適化することで、上位表示を実現するというものです。

続きを読む

Googleウェブマスターツール」をご存じでしょうか。

Googleが提供している無料ツールで、サイトをお持ちであれば、ぜひ登録することをおすすめします。

続きを読む

SERP最適化については、前回の記事で取り上げさせていただき、検索結果に表示されるコピー(タイトル、スニペット)をより魅力的にすることによってクリック率を高める・・・というものでした。

続きを読む

SERP最適化!


わかりにくい用語ですみません。


SERPとは、Search Engine Result Page のことで、検索エンジンで検索した際に表示される検索結果ページのことです。

続きを読む

googleの検索結果に顔写真が掲載されているサイトを見たことはありませんか?


当サイトは対策済みで、こんな感じで表示されます。

続きを読む

SEOの観点からいろんな会社を見てきて思うこと。それは、「トップに発信力がある会社は、SEOが強い」ということです。

まあ、良くも悪くも、その会社で一番注目されるのはトップマネジメントですので、その人に発信力があれば、よりサイトの注目度が上がるのは自明。重要なのは、トップ自身にその自覚があるかどうかです。

テクニカルなことはいろいろありますし、何よりもコンテンツに力をつけないといけないという主張は変わらないのですが、意外と「トップ発信」は大きなファクターだったりするのです。

私は以前から、Webの成否はトップマネジメントの姿勢次第(特に中小企業)と言ってきましたが、SEOもそうなんです。トップがネットで発言すると、その会社サイトの露出が増える。バックリンクも増える。それはそうでしょうが、私が感じるのは、そんなことではなく、世間の注目度とか、認知度とか、そんな目に見えないものが変わってくるように感じます。

ツールは別になんでもいいと思いますが、会社の取り組みなどを、毎日ソーシャルにポストするだけでも、ずいぶん変わってくると思います。別に難しく考える必要はありません。

当社のことは・・・ともかくw、会社が運営するサイトのSEOを上げたければ、トップが情報発信力をつけるのが手っ取り早い。これを読んでいる人は、「うちのアクセス数が伸びないのは、社長のせいだ!」と、直接社長に言ってみてください。何か変わるかも。

Googleは検索エンジン最適化(SEO)について否定的・・・というイメージを持っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、実は、公式な見解としては肯定的にとらえています。

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

前野 智純

実践型ECプロデュース会社
エクストラコミュニケーションズ経営
米国留学後、シリコンバレーで起業。国内、海外を含めたEコマースを実践しながら、クライアントのEC戦略を支援しています。自社通販「おうちまわり.com」は日本一を目指して爆走中!著書は「キラーウェブ」「プロが教えるサイト集客のツボ」など計4冊。

サイト内検索

Copyright© 2013 株式会社エクストラコミュニケーションズ