メニューを閉じる

POWER CONTENTS SEO

継続集客のためのパワーコンテンツSEO

【SEO TIPS】内部施策で最も重要な施策「タイトルタグの最適化」(1)

みなさん、「タイトルタグ」はご存じでしょうか。

タイトルタグとは、その名のとおりページの表題にあたるもので、何を訴えたいのかを簡潔にまとめたものです。


どこの箇所かというと、

ここですね。

serp.jpg
※ブラウザの赤枠の箇所に記載されます。

上記の例であれば、このページは、「WEBを優秀な営業マンに育てるための実践型SEO【犬塚 豊】」とタイトルタグに入れいているため、上記のように表示されます。


SEOの内部対策、つまりウェブサイトのページの改善において、最も重要な対策として、この「タイトルタグの最適化」があります。





HTMLタグでいうと、<title>~<title> の箇所になります。


このタイトルタグは、内部SEOにおいても最重要といっても過言ではないほど、効果的かつ力を入れるべきポイントになります。



極論をいえば、このタイトルタグに入れたキーワードが検索に引っかかってくるといってもいいほどです。



たとえば、「無題」と検索すると、大量のサイトが検索にかかりますが、(※その数なんと83,000,000件) 、それは何も「無題」という内容を書いたページが多く存在するから・・・ではなく、



単に無料ブログや、サイト作成ツールで作成した際に、タイトルタグの記述を入れ忘れると、自動的に「無題」となるために、これほど大量にサイトが存在するわけです。



もし、これまでタイトルタグについてあまり意識されていらっしゃらなかったのであれば、現状の状態を確認し、ページのテーマとなる文章・キーワードが盛り込まれているかぜひ一度ご確認ください。


コツは、どういったキーワードで上位表示したいのかという点を意識され、作成していただくと良いかと思います。

※ただし、注意点とし、ページのテーマと外れるキーワードを盛り込むのは止めましょう!




次回は、より具体的なタイトルタグ作成のポイントを解説します。



Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

前野 智純

実践型ECプロデュース会社
エクストラコミュニケーションズ経営
米国留学後、シリコンバレーで起業。国内、海外を含めたEコマースを実践しながら、クライアントのEC戦略を支援しています。自社通販「おうちまわり.com」は日本一を目指して爆走中!著書は「キラーウェブ」「プロが教えるサイト集客のツボ」など計4冊。

サイト内検索

Copyright© 2013 株式会社エクストラコミュニケーションズ